クレジットカードは魔法のカードではない

消費者金融やカードローンで借金するまでに至るのに、
その人によりいろいろな背景や事情がありますね。
知識不足でよくわからないまま手を出してしまった。
まじめに生活していたけれど、家族の病気や入院、
事故、失業など、家庭に緊急のやむをえない事情が発生して
泣く泣く借り入れに至った。
見栄っ張りの性格で、ついつい身の丈にあわない生活に
あけくれてしまい、いつの間にか返済額がふくらんでいた。
最初はちょっとのつもりが自転車操業になり
借金地獄におちいってしまった…
このサイトでは、カードローンや借金で
悪循環におちいってしまわないために、
ぜひ参考にしていただきたい情報を
じっさいの個人の経験談からお伝えしています。
以下は20代女性の借金の体験談です。
プロフィール:
ファッション大好きな20代です。

クレジットカードの使いすぎで家賃が払えず借金へ

カード代の引き落とし額が多額になり、
家賃が支払いできなくなってしまったため
アイフルで40万円借りました。
アイフルを選んだのは、
他の業者に比べて利息が安かったからです。
専用ATMで身分証明書の提出などをして契約し、
その場ですぐお金を借りることができました。
一時はやりすごせましたが、その後の返金もあって
こまめに返済しています。
まとめて返すことができないため、
いまだに支払いが終わりません。
月の返済額は少ないのですが、
やはり切り詰めているため、
それだけの金額でも手元に現金がなくなるのが不安です。

クレジットカードを使いすぎてはいけない

その時は欲しいものが山ほどあって、
我慢せずクレジットカードで買いまくっていましたが
今はその半分以上が使っていないものばかりになっています。
クレジットカードは魔法のカードのように買い物できてしまうので
ついポンポン使ってしまいますが、
収入分の枠でやりくり出来ないなら、
カードなんて持つべきではないと思います。
結果必要な支払いが出来ず、
追い込まれてキャッシングするということになってしまいます。
未だに支払いし続けている現状と、
必要ないものにお金を使ってしまったことについて後悔もしています。
我慢する、よく考えるということが出来なかった自分が
バカだったなと思うし、見直す必要があると伝えたい。
他に大切なものがあるということ、
あとでだいぶ後悔することになるし、
なかなか人に頼るということができない自分に
身内はもっと信用していいのだ、と教えてあげたいと思います。
見栄をはって何でも自分ひとりで解決しようとするところ、
もっと気楽に構えていいと言いたい。
買い物でも気持ちでも、自分に余裕があるのか
一度考えてから行動した方が後で困りません。
今はこうしたことがちゃんと考えてできていますが、
やっぱり少し苦しい。
今後自分では同じことはしないと思いますが、
完済するまでは少し厳しいことが多いでしょうね。